中央区 駅別記事
2082view

タワーマンションが立ち並ぶファミリー向けの街、勝どきの住みやすさを徹底解説!

         

勝どきは中央区にある町。
勝どき1丁目~6丁目から成っており、人口は2019年時点で27000人ほどとなっています。
すぐ近い月島と同じようにタワーマンションが多くあり、東京のベッドタウンとしてファミリー層全般に人気の高いエリアです。

勝どきってどんな街?

勝どきは都内でも「湾岸エリア」と呼ばれる埋め立て地で、元々は月島と同じように工場や倉庫が多くあった地域です。
しかし注目されるようになったのはずっと最近で、それまではどちらかというと月島のオマケのような扱いでした。

転機はバブル期。海が近く景観もよいため、デートスポットとしてレストランやホテル、レジャー施設が多く作られたことです。
今ではその当時のお店はほとんど残っていませんが、これをきっかけとして人の流入が増え価値を評価されるようになりました。

そして2000年に大江戸線「勝どき駅」の開業されたことで、今では東京を代表するベッドタウンへと上り詰めたのです。

勝どきの賃貸相場は?

《間取り別》

1R   12.2万円
1K   10.7万円
1DK   18.5万円
1LDK   20.6万円
2K   15.3万円
2DK   15.5万円
2LDK   27.3万円

高級タワーマンションが多いため家賃はワンルームでも12万円程度とかなり高いです。
くわえて物件もファミリー層向けの物件が多いため、一人暮らしの方には少し暮らしづらさを感じるかもしれません。

《周辺駅と比較》

豊洲  12.5万円
新橋  12.1万円
銀座  11.8万円
勝どき 11.4万円 ★
月島  10.5万円

中央区の宿命から都内全体でみるとやはり高い部類です。
銀座や新橋といった街にはない景観と暮らしやすさが、差別化できるポイントかもしれません。
一人暮らしなら月島、ファミリーなら勝どきといったイメージでしょうか。

勝どきの見どころは?

・勝どき橋

・豊海ふ頭

・隅田川テラス

ベッドタウンということで観光地でもある月島などに比べると見どころはぐっと少ない傾向にありますが、夜景を見られるスポットとしては今でも健在です。

終わりに

いかがだったでしょうか?
今回は勝どきの街についてご紹介させていただきました。
街全体がどこかゆったりとしており自然が多いため、ファミリー層にはピッタリの街となっております。

The following two tabs change content below.

リテラ株式会社 代表取締役 加藤 圭一郎

2013年12月、東京都中央区銀座にて、リテラ株式会社を創業。創業前から不動産業界に身を置き、宅地建物取引士として14年のキャリアを誇る。 東京都心を中心に不動産の売買、賃貸、管理並びに仲介、斡旋業務を手掛けている。 また、引っ越しをもっと気軽にすることをコンセプトとした都心の高級賃貸マンションの情報サイト「Litera Properties」の運営をはじめ、不動産に付随した幅広いサービスを展開している。